講師紹介

TEACHER

谷田部 響
Kyo Yatabe
 
ミュズィク  フォレスティエル 主宰
ピアノ講師

指導方針

パリ・エコールノルマル音楽院教授である中沖玲子氏のもとで長きに渡り研鑽を積んで参りました。これまでに学んできたことを多くの方々に伝えたく、ピアノ演奏の指導を中心に幅広く活動しています。
「本気で取り組んでこそ本当の楽しさが分かる!」をモットーに、コンクールのピアノ演奏指導に特に力を入れております。
より良い演奏をするために、フィンガリング(指使い)を大切にし、楽譜をしっかり読みといて、多くの方々に受け入れられるようなセンスの良い演奏に仕上がるよう、日々奮闘しています。
 

プロフィール

3歳からピアノとリトミックを始める。
宇都宮短期大学附属高等学校音楽科を首席で卒業。
パリ・エコールノルマル音楽院 第5課程 ディプロマ取得。
名古屋芸術大学音楽学部を首席で卒業。
大阪国際音楽コンクール、第2位。
日本演奏家コンクール、第1位。
KOBE国際学生音楽コンクール、優秀賞、神戸市民文化振興財団賞受賞。
アールンピアノコンクール、第2位。
北本ピアノコンクール、第3位。など、上位入賞多数。
平成19年度うつのみや市民賞を受賞する。
第32回 読売中部新人演奏会に出演。
第80回 読売新人演奏会に出演。
 
現在、ミュズィクフォレスティエルにてピアノ講師、
および日本クラシック音楽コンクール、全日本アールンピアノコンペティションの審査員を務める。
これまでに、谷田部弘子、越村紅、佐藤俊、阿久津佐智、中沖玲子の各氏に師事。
また、リー・カムシン、エヴァ・ポブウォツカ、ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、アレクサンダー・セメツキー、トーマス・ベッケラー各氏の薫陶を受ける。
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。指導者賞10回受賞。



古川 信哉
Nobuya Furukawa
 
姿勢呼吸メンタルトレーナー

指導方針

心身共にリラックスすると言う事は、「健康」になると言う事です。
自分の中の音楽を表現する為には、健康であると言うことが何より欠かせないことだと思っております。
ふるからメソッドは、リラックスする事を色々な方法でアプローチしていき目指して行くので、楽器演奏のみならず、今後の人生でも多いに役に立ちます。
レッスンにきてくださった方が、よりリラックスして帰って頂けるよう努めていきたいと思っています。
 

プロフィール

ふるからメソッド考案者。
元テューバ奏者。全国各地でプロのテューバ奏者として活躍していたが、身体を壊し引退する。
それをきっかけに、身体について様々な勉強をし、ふるからメソッドを考案。
現在では、様々な楽器の演奏者や、一般の方の心身のケアを行なっている。
 

ふるからメソッドとは

主に、『緊張を知り、リラックスさせて行く事でパフォーマンスを向上させる』を理念とし、呼吸や姿勢、身体の使い方などを改善し、緊張をリラックスさせて行く事で、本来持っている身体のパフォーマンスを引き出し、プレイヤーの良い音で、楽に自由に演奏出来る様にする事を目的としている。
解剖学、脳科学、整体、ストレッチ、マッサージ、メンタルケアなど、様々な分野に広く精通しており、演奏者のみならず、一般の方の身体のケアにも役立てる事ができる。



潮 あかり
Akari  Ushio
 
こどもミュージカル″ひなたぼっこ″講師
ダンス指導

指導方針

人を感動させるには、まず自分自身が感動すること
 

プロフィール

1972年 宝塚音楽学校入学
1974年 宝塚歌劇団入団「虞美人」にて初舞台
    初舞台後、関西テレビ「バンビーズ」1年間レギュラー出演
1975年 「ベルサイユのばら」花組配属
    その後、「ノバ・ボサ・ノバ」「風と共に去りぬ」
    「霧深きエルベのほとり」「舞え舞え蝸牛」
    「オペラ・トロピカル」「夜明けの序曲」他
    宝塚大劇場、東京宝塚大劇場、全国ツアー、
    ディナーショー等出演
1978年 「安奈淳リサイタル」(バウホール公演)
    宝塚歌劇団 秀逸賞受賞
1979年 宝塚歌劇団 奨励賞受賞
1980年 「刀を抜いて」お光(バウホール公演)
    宝塚歌劇団 音楽賞受賞
1981年 「松あきらリサイタル」(バウホール公演)
    宝塚歌劇団 努力賞受賞
1982年 「順みつきリサイタル」(バウホール公演)
    (外部出演作)
    長谷川一夫 「東宝歌舞伎」
    市川猿之助 「舟遊女」
1984年 「琥珀色の雨にぬれて」にて退団